So-net無料ブログ作成
検索選択

カシオペアの車窓から (後編)   [北海道旅行]

s-DSC_0378.jpg
トンネルを抜けて・・・
s-DSC_0368.jpg
海辺を走り・・・

青森から函館までは、カシオペアは編成ごと逆向きに走ります。
ラウンジカーが展望車になるこのチャンスは夜明けとともに訪れます。

青函トンネルを抜けると、日が昇るのを待ちかねたように、
“最後尾”のラウンジカーから展望車の景色を見ようと、早起きの人たちが集まり始めます。
s-DSC_0364.jpg
薄明るい早朝の海が見えるカーブで・・・
s-DSC_0372.jpg
途中の駅でEH500の牽くコンテナ列車と。
首都圏から北海道まで青函トンネルも含め、一気に駆け抜ける貨物輸送のスターです。
赤い車体に「金太郎」のイラストが力強いですね。
s-DSC_0375.jpg
この区間はトンネルが多いです。
s-DSC_0376.jpg
かなりスピードが出ているので、迫力のある景色です。
s-DSC_0380.jpg
この鉄橋は去年も撮りましたね。
s-DSC_0382.jpg
景色はやがて草原に変わっていきます。
s-DSC_0387.jpg
五稜郭の機関区が突然現れます。
本州では見られない大型貨物用ディーゼル機DF200(RED BEAR)ですが・・・また電柱が(笑)
s-DSC_0390.jpg
函館に近づくと景色は一変して市街地となります。
北国独特の雨どいのない、勾配の急な屋根の家々が連なります。
s-DSC_0391.jpg
駅が近付くと、側線に札幌までの牽引機DD51が重連で待機しています。
s-DSC_0392.jpg
通り過ぎた列車を追いかけるように、機関車が走ってきます。
s-DSC_0393.jpg
停車と同時に車外にダッシュ!です(笑)
s-DSC_0396.jpg
ゆっくりと進んできて・・・
s-DSC_0399.jpg
無事、連結です。
まだ早朝の5時なのにギャラリーも多いですねぇ(笑)
s-DSC_0401.jpg
前に回って撮影していると「ホームにお降りのかた、早く戻ってください」とのアナウンスが・・・(笑)
s-DSC00320.jpg
函館を発車してしばらくするとラウンジカーも静かに・・・
s-DSC00303.jpg
ここから、爆走するDD51の雄姿を眺める・・・至福の時です。
s-DSC00309.jpg
スピードはぐんぐん上がります。
s-DSC00311.jpg
やっぱり、かっこいいですねぇ(笑)
s-DSC00312.jpg
さぁて、部屋に戻ってもうひと寝しましょうかねぇ・・・
s-DSC_0409.jpg
「もり」停車です。
ここからカシオペアは細かく停車しますが、ホームの長さが対応していない駅も多く、
ホームからはみ出る車両のドアが開かない旨のアナウンスが流されます。
しかし、ベッドに横になりながら窓外の景色を眺められるなんて・・・極楽極楽(笑)
s-DSC_0407.jpg
豪華な寝台特急とは対照的なワンマンのキハ40が、出庫の準備をしていました。
s-DSC_0405.jpg
今度は反対側から海が接近してきます。
s-DSC_0412.jpg
サミットで一躍有名になった洞爺も、駅は小さくて静かな佇まいです。
s-DSC_0418.jpg
一応、サミット歓迎の意思は表示してあります(笑)
s-DSC_0423.jpg
「だてもんべつ」
ベッドを片づけて、届けられた朝刊とモーニングコーヒーでくつろぐ頃には、
車内も朝食にダイニングカーへ向かう人などで少し騒がしくなります。
s-DSC_0424.jpg
「とまこまい」
今回は車内販売のサンドイッチで朝食を済ませ、そろそろ着替えて荷造りを始めます。
s-DSC_0426.jpg
コンクリートの道床が目立つようになると、札幌はもうすぐです。
毎回、この時間は名残惜しさとこれから始まる旅への期待で、
ちょっと複雑な心境になります・・・

今年の北海道旅行はチケットと日程の関係で、帰りを飛行機にしてしまいましたが、
帰ってきてひと月以上経つ今でも、帰りを列車にしなかったことが悔やまれます・・・
やはり帰りの寝台列車で旅の余韻を楽しむ・・・
それも旅の大きな部分を占めていることに気付きました。
で、来年は絶対帰りも列車でと・・・今から計画中です(笑)

s-DSC00471.jpg
今回は旭川空港からJALのエアバスで帰ってきましたが、
差額がリーズナブルな額だったので、初めてJクラスを奢ってみました。
ゆったりしたシートと前後の余裕はとても良かったのですが、
離陸と同時に寝てしまい、何のインプレッションもありません(笑)
同じ窓外の景色でも、飛行機のそれはあまり得意ではありません・・・
やはりどうしても、高いところは苦手なのです・・・(爆)




nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(1) 

nice! 4

コメント 8

ベアトラック

1枚目の写真のスピード感、いいですねぇ。6、7、8枚目も。
自分まで先頭車両に乗っている気分にさせてもらえましたよ。
by ベアトラック (2008-07-13 11:37) 

ちんたん♪

列車の端から端まで少年のように走り回ってる姿が思い浮かびます。
疾走感あふれる写真もいいですね~♪

by ちんたん♪ (2008-07-13 17:39) 

いっぷく

普段、車を運転していて見える景色と、鉄道の景色は違いますね。
その違いがとても好きですね、ハンドルを握らないで流れる景色を眺めるのはやはり列車ならでは。ベッドからも楽しみましたか!やっぱりいい季節の風景が満載ですね、あんまり人がいないような駅と風景広いですね。来年もというあたり、年中行事になってますね。
by いっぷく (2008-07-13 18:16) 

1275GT

ベアトラックさん

手ブレ覚悟のスローシャッターで、成功したものだけをピックアップしました(笑)
今回は天気が悪くて、写真の出来にはちょっと不満ですね。
って、自分の腕は棚に上げて・・・(笑)

by 1275GT (2008-07-13 23:11) 

1275GT

ちんたん♪さん

函館で車外に出るといったら、
「お願いだから、乗り遅れないでね」って言われました(笑)
熱くなると判断力が鈍ることを知っているのですよ。
長い付き合いなもんで・・・(爆)
by 1275GT (2008-07-13 23:18) 

1275GT

いっぷくさん

鉄道ファンとしては、大きな窓を独り占めできるのが、
たまらなくうれしいですね。
流れ去る景色に色々な思いを巡らせる、
その時間こそが鉄道旅行の醍醐味のような気がします。
お金と時間、それに体力の続く限り行きたいと思っています(笑)

by 1275GT (2008-07-13 23:34) 

ねこざかな

DD51のアップ、こんな場面でもないと見られないアングルですよね!
メカメカしくて惚れてしまいます(笑)
by ねこざかな (2008-07-14 02:46) 

1275GT

ねこざかなさん

でしょ!、でしょ!(笑)
地上のエンジン付きの乗り物の中では、
間違いなく5本の指に入ります!
でも、最新のDF200は1両でDD51が2両分のパワーです。
で、いずれ消えゆく運命なのです(涙)
by 1275GT (2008-07-16 20:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。