So-net無料ブログ作成

想い出の小さなバイクの話 [小さなバイク達]

s-DSC04439.jpg
GTが修理(と車検)から戻ってくる前に、車庫の隅に押し込んであった旧いバイクを引っ張り出してみました。
車庫の幅は5.5mとミニ2台には十分なんだけれど、色々なガラクタやモンキー等のバイク、
それと入口近くには次男の通勤用SRがあって、ドアが開かず結構ミニに乗り込むのが大変だったので(笑)

s-DSC04441.jpg
このヤマハのMR50は長男が10年以上前に乗っていたものです。
当然のことながら、年齢的にはOKでも学校ではバイク3ナイ運動(乗らない、買わない、取らない)、
の真っ最中のこととて、オヤジは大いに悩みました・・・
でも、危ないモノには手を触れさせないことが、本当の教育だとはどうしても思えなかったし。
まぁ自分も、中学生の時に初めて手にしたC100カブで風を切って走った感激を、
息子にも味あわせてやりたいと思ったのも事実だったんだけれど・・・(笑)

これには賛否両論あるのも承知の上で、オヤジは許したのでした。
でも後に、大いにに肝を冷やす出来事が待っていようとは・・・

s-DSC04444.jpg
息子が、最初から自分より年上の、こんなに旧いバイクに興味を示したのも意外でした。
今でもお付き合いのある、福島のマニアHさんから譲ってもらう時に、
「大丈夫?結構手がかかるよ」なんて心配されても、
気に入ったバイクが手に入った息子は上の空で、毎日乗り回していました。
長いこと寝ていたバイクを急に走らせたわけですから、
やがてアチコチにトラブルが出始めるのは当然のことです。
嫌になって投げ出すかと思いきや、少しずつ直し方を覚えていき、
最後は、教えた通りに路上でキャブを分解出来るまでになりました。

好事魔多し、とはよく言ったもので・・・
「オヤジ、やっちゃったよ・・・」と息子からの携帯が、
あわてて現場に駆け付けると、グシャグシャになったMRとうずくまる息子、
相手のワンボックスはバンパーの下にちょっと傷が付いたくらいで、
運転していた女性も怪我はないとのこと。
救急車で運ばれながらも、手塩にかけたバイクが心配な息子は、
ポツリと「アレ、もうダメだよなぁ・・・」と。
まぁ、打撲と擦り傷で済んだだけでも、良かったと思うのが親の気持ちでした。

聞けば相手側の前方不注意は見え見えでしたが、
こちら側に校則による処分と言う、公にできない弱みがあると見るや、
急に相手の態度が変わり・・・結局、こちらの全責任ということで済ませました(泣)
後日、現場検証の警察官に「こんな話、良くあるんだよねぇ」って言われましたが、
親としては、これ以上問題が大きくなることは避けたかったのが本音ですね。

s-Scan10003.jpg
さすがに親に迷惑をかけたのとショックでシュンとしていた息子も、
時間がたつにつれ、またバイクが欲しくなってきたようでした。
壊れたMRは引き揚げてきて車庫に置いてありましたが、
隣に何やら別のバイクが・・・(笑)

s-Scan10002.jpg
クーパーガレージに遊びに行った時、工場の隅にあったノーティダックスを見つけてしまい、
訳を話したら、社長が「良かったらあげるから、持って行っていいよ」って!(大喜)
早速、軽トラを算段して息子といただきに上がりました(笑)
早速、マフラーや、電気系統、欠品だった外装等を揃えに懸かりましたが、
どうも息子は、自分の不注意で壊してしまったMRに未練があるみたいで・・・
ノーティダックスは修理のかいあって乗れるようになりましたが、
いつの間にか当時中学生の次男が磨いておりました(笑)

s-Scan10005.jpg
よーしっ、それならコイツを甦らそう!
困ったときにはいつも助けてくれる前出のHさんに、フレーム、フロントフォーク、フェンダー等など、
「こんな訳なんで、どうにかなりませんかねぇ」とお願いしてみました。
待つことしばし、程度のいいフレームとフロントフォーク左右、オマケに同色のフロントフェンダーまで、
残りのレンズ類は手持ちのスペアパーツで何とかなるめどがようやく立ちました。
全く持つべきものは友、それもかなりマニアックな・・・ですね(笑)

s-Scan10004.jpg
自分で直したいという息子の意思を尊重して、フレームの仕上げもやらせました。
丁寧にペーパーをかけて足付けし、風の無い日にスプレーで塗りました。
出来はまぁまぁですが自分でやることに意味があるのですから。

s-Scan10006.jpg
前のフレームからエンジン等全てを降ろし、ハーネスやワイヤーも外していきます。
ホイールの修正と新品タイヤへの入れ替えは、近所のバイクショップにお願いしました。
このバイクショップは、この後もふたりの息子が色々世話になるのですが・・・

s-Scan10007.jpg
正直、ここまでバラしたことはなかったので、元に戻るかふと心配になる瞬間です(笑)
と、同時に今まで見えなかった痛んだ箇所も発見して、修理に時間がかかってきます。

s-Scan10008.jpg
ようやく先が見えてきたのか少し余裕の様子です。
今よりややスレンダーな私と(笑)「ミニを楽しむ会」創世記のメンバーIさんです。
Iさんは、休日には某ミニショップでメカのアルバイトをしていたほどの腕でしたが、
惜しいことに52歳の若さで急逝されました・・・親友でした。
今でもメンバーが作業途中で困っていると、降りてきて助けてくれます(ホントです)

s-Scan10009.jpg
それからしばらくは色々なバイクを手に入れては、バラして組んでを楽しみましたが、
モンキー2台を仕上げてからは大分長いことお休みしています。
こいつらは、老後の楽しみにでもしようかな(もうすぐだ!)

s-DSC04446.jpg
MRも数年後には息子も乗らなくなり、今はまた手入れが必要な状態です。
息子も絶対もう一度乗りたいと言っているので、
それまでは反対側の空いている場所に収めておくことにしました。

s-DSC00095.jpg
息子は順調にライダーとしての道を歩み(笑)
リッターバイク数台を乗り継ぎ、今も輸入車に乗っています。
後ろに写っているSRは、次男の愛車ですが、
通勤からツーリングまでこれ1台でこなして、すでに8万キロ!を超えています。

しかし・・・オヤジは息子たちが二人とも、ミニに興味を示さないのがねぇ・・・なんで?

nice!(2)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 14

いっぷく

なにやら整備工場の様相ですね、男くさくていいなあ。
ヤマハのMR50は色も姿も魅力的ですね。
バイクなんか買ったらほとんど手入れもしないで修理は業者任せで乗りつぶしてしまう私としては羨ましい限りです。

by いっぷく (2010-03-21 23:06) 

ロンツー

いい親子、いい兄弟ですねぇ〜
それにいい趣味してますよねぇ〜
私と娘は趣味が合うのですが、息子とはちょっと・・・
羨ましいです。

子供がバイクに乗り始めると心配ですよねぇ〜
我が家は二人とも乗らないと言ってますが、その時になればどうなる事やら。

by ロンツー (2010-03-22 17:56) 

1275GT

いっぷくさん

ある意味、初めての親子の共同作業でしたね。
機械は直せば使えるもの、それも自分で直すもの・・・
親子代々、そういう考え方を伝えてきたからこそ、
英国には、旧いクルマ(バイクも)が残ってきたのでしょうねぇ。
古いものを大事に使い続ける事が、1番のエコですよね。
by 1275GT (2010-03-22 20:47) 

1275GT

ロンツーさん

スピードは一種の魔力で、理性と強い意志、
そして、もちろん運転技術が伴って初めて楽しめるもの・・・
と、常日頃言い聞かせてはいますが。
やはり出かけると、帰ってくるまでは心配です。
自分はクルマを趣味にしたことで豊かな人生を送れたことを、
息子たちにも伝えたいだけです(笑)

唯一、偉そうなことも言えますしねぇ(爆)
by 1275GT (2010-03-22 22:06) 

ちんたん♪

絶対降臨されているでしょう、間違い無いです!
素晴らしい「親友」との人生での出会い、誰もがそうでは
ありませんからね、ご冥福をお祈りすると共に
1275GTさんの幸運を羨ましくも思います。
YAHAMAの原チャリ大好きです!
RD50でバイクに乗り始めGR50で大事故に会いました。
GT50(ミニトレ)なんてのもありましたね~TL50とか…
MR50は今考えると一番先進だったのかも?(笑)

by ちんたん♪ (2010-03-22 22:55) 

JUN

MR、自分も高校生当時欲しかったバイクの1つです。
車高の高いオフロードに憧れてたんですね~
GT50はみんな乗ってたからか、あんまり好きになれなくて・・・。
しかし、全部ばらして直すなんて、さすがに血は争えないですね。
今日、久々に実家に行ったら、実弟がまたバイク買ったと・・・。
シートを被ってましたが、ヤマハのXS‐1だと自慢げに話してました。
自分のお古も含めて、7~8台のバイクがあります。
自分のは、DAX50の6V最終形と薔薇とXLR250の3台だけですが(笑)
ご友人が助けにきてくれるお話。
自分のところにも、あいつら来てるのかな・・・。
最近、本名の純一ではなく鈍一と呼ばれる始末です。
by JUN (2010-03-23 01:06) 

道楽オヤジ

これは、またマズイネタを(笑)
良いですねーこのMR50。 自分も初めて乗ったギア付きがGT50、その後、GT80.GR50とレストアベースを手に入れたもの、他のバイクに専念する為手放しました。今思うと手元に残しておけばよかったと後悔しています。
フルサイズのゼロハンがまた欲しくなってしまいました(笑)

息子さん、頼もしいですね。うちはどんな風になるのか・・
by 道楽オヤジ (2010-03-23 18:09) 

1275GT

ちんたん♪さん

同じディーラーで同じ時にミニを買った時からの友です。
買ってすぐに、あの悪夢のような排ガス対策のパイプ類を、
全部取っちゃったのも彼でしたね(笑)
病気になってからも、あちこち連れまわしました。
最近、生前彼が板金塗装をしたトランクが、
メンバーのところで見つかり、譲り受けました。
車庫にかけておいて、ずっと見ててもらおうと思っています。

RD50、初めて新車で買ったバイクです。
ポートを広げて、スガヤのチャンバーに変え、
キャブにはファンネルを付けてました。
楽に1万まで回りましたが・・・焼き付きました(笑)

by 1275GT (2010-03-23 21:05) 

1275GT

JUNさん

うちにも乗らない(動かない)バイクがたくさんありますよ(笑)
たまに乗りたくなって、ナンバーを切らさないであるのですが・・・
税金の時期になると、毎年“仕分け”の対象になります(笑)

関東ミニショップめぐりをしたり(笑)
初めて305へ行ったのも彼とでした。
今、ミニに乗っているのも、彼がいたからかもしれませんね。

by 1275GT (2010-03-23 21:20) 

1275GT

道楽オヤジさん

毎年、少しずつ減らしてきたのですが、
知り合いのところからスカッシュ(残念ながら後期型)を引き取ったり、
ブログで知り合った「どんな時も黄色好き」さんから、
程度抜群のモトコンポを譲ってもらったり・・・
老後の宿題は増える一方ですね(笑)

年頃になると、オトコのコは必ず通る道だと思いますよ。
深夜まで、バラしたり組んだりしていたあのころが、懐かしいですね。
by 1275GT (2010-03-23 21:33) 

つんじ

親子の素敵な話ですね。

僕には息子がいないので
どこまで僕のやっていることに
娘達が興味を持ってくれるか分かりませんが
同じような趣味を持たなくても
趣味を持ってそれを楽しめる様な人間になってほしいですね。
と思って色々連れ回して
趣味を楽しむ姿はいっぱい見せようかなと思ってます。

最近無趣味な友達のいないつまらない若者が多いですからね。
by つんじ (2010-03-24 18:27) 

1275GT

つんじさん

二人の息子からみると、とんでもなく多趣味なオヤジらしいですが(笑)
たくさんのことに興味を持って、自分でもあきれるほどのお金を使って、
でも、とても多くの友人が出来たこんな人生は、
決して失敗ではなかったと思っています(笑)

で、困ったことに息子たちも多趣味なんですよ(笑)
オヤジを見て、いつも楽しそうにしている・・・
そのことも影響したんでしょうね(笑)

人生、楽しんだもんが勝ち・・・が我が家の“家訓”ですから。


by 1275GT (2010-03-25 08:15) 

ベアトラック

親子のお話、なかなか素敵ですね。
ウチは娘だからなぁ~・・・
by ベアトラック (2010-03-25 10:06) 

1275GT

ベアトラックさん

ウチの奥さんは、やはり娘が欲しかったみたいですよ(笑)
男どもが集まってバイクをいじっていたり、
ギターの話で盛り上がっていたりすると、
何となく寂しいようです(笑)
by 1275GT (2010-03-26 08:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。