So-net無料ブログ作成
検索選択

カシオペアの朝 (’10北海道旅行) [北海道旅行]

s-DSC_0613.jpg
上野発16:20分、また今年もここにたどり着くことができました。
毎年、数カ月もかけてプランを練って周到な準備をしても、
上手くいかない仕事、親の介護、自らの体調、年々増える一方の心配事で気持ちがつぶされそうになり、
どうか無事に行けますようにと・・・出発前は祈るような気持ちです。

s-DSC_0615.jpg
「さぁ、行くぞ!」と自分に言い聞かせながらホームを歩いていると、物凄い轟音です。
ラウンジカーも兼ねる発電車カハフE26が、全開でディーゼルエンジンの排気を噴き上げています。
きっと、部屋の中はキンキンに冷房が効いているんだろうなぁ。

s-DSC_0617.jpg
個室に荷物を運び込み一段落すると、どちらからともなくお互いの写真を撮り合います。
疲れと不安で、とても楽しみに行くような笑顔では無いのが笑えます・・・(笑)
何の因果なのか、不思議なことに毎年出発直前に“事件”が起こり、
本気でキャンセルを考えたことも、一度や二度ではありません。

s-DSC_0623.jpg
定刻、するすると列車は出発しました。
レールの揺れに身を任せていると、頭の中から少しずつ気分が和らいできます。

s-DSC05113.jpg
最初の停車駅「おおみや」です。
まだ世間は通常の時間帯で動いています。

s-DSC05135.jpg
s-DSC05137.jpg
少し早い夕食にすることにしました。

s-DSC05139.jpg
s-DSC05141.jpg
自分は上野駅で買った「牛肉どまん中」、奥さんは「えび千両ちらし」です。
ここで長男から定期連絡、「早めに帰宅出来そうなので、家のことは心配せずに楽しんで来い」だって、
毎年この旅行は、息子たちを始め、色々な人たちの助けを借りています。
楽しんで来ないと、迷惑をかけた皆にも申し訳ないでしょうね・・・

s-DSC05119.jpg
宇都宮あたりで激しく降っていた雨も・・・

s-DSC05147.jpg
いつしか青空に変わっています。

s-DSC05153.jpg
仙台につくころにはもう車窓からは、通り過ぎる街の明かりが流れるだけです。
そろそろ、眠くなったらいつでもベッドに入れるように、シャワーを浴びてきます。
最近、歳のせいか就寝時間は確実に早くなっています(笑)

s-DSC_0647.jpg
目覚まし時計の音に、眠い目をこすりながらシェードを少し上げてみます。
そこはもうすでに北海道の海岸線でした。
青函トンネルを通り過ぎると、不思議なことにあれほどの不安も、嫌なことも忘れています。
たぶん、あの海底トンネルは“パワースポット”です(笑)

s-DSC_0640.jpg
ラウンジカーには早起きのマニアが録画中です。

s-DSC_0656.jpg
カシオペアで迎える朝が一番好きです。
流れる景色も、心地よい揺れも・・・
旅に来たんだなぁ、と思う気持ちが沸々と湧きあがってきます。

s-DSC_0658.jpg
“例の”パワースポットのせいか、頭の中がどんどん覚醒していきます。
まるで1トン以上もある重しが取れたように・・・
頭がすっきりしたような感じです(笑)

s-DSC_0667.jpg
函館で列車の表に出てみます。
青森からここまでカシオペアを牽いてきたED79です。
JRの花形列車の牽引機にしては大分痛みが見られますね。
青函トンネル等、海辺での使用はそれだけ酷なのでしょうか?

s-DSC_0669.jpg
機関車の切り離し作業です。
この時列車の逆側ではDD51重連の連結作業が行われています。

s-DSC_0687.jpg
昨夜の雨で汚れた、ラウンジカーの窓からDD51が見えます。

s-DSC_0657.jpg
どんどんスピードの上がる車内の通路をダイニングカーへ向かいます。

s-DSC05163.jpg
今日はハードな日程なので、しっかりと朝食を取っておかないと・・・(笑)

s-DSC05157.jpg
車窓の景色も北海道らしくなってきました。
次第に気持ちが高揚してくるのがわかります。

s-DSC_0691.jpg
何気ない景色も、記憶に留めようとシャッターを切ります。

s-DSC_0663.jpg
もうすぐ、終点札幌です。
今年は今までで一番の晴天みたいです。

s-DSC_0693.jpg
毎年、そしてもちろん今年もここ札幌から旅はスタートします。
朝の空気は思ったより暖かくて汗ばむほどです。

s-DSC_0697.jpg
補機共2両のDD51のアイドリングするエンジン音を聞きながら、
ゆっくりと・・・歩き始めました。

nice!(4)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 14

ちんたん♪

私も母が入院中でして
今回のツーリングも妹たちの
許可及び援護を得て行って来ました
悪い事をしてる訳じゃないのですが
何となく・・・ですよね。
現実逃避するのには、ちょっとした距離も
必要なのかもしれませんね・・・。

余計な事でした(笑)

しかし、公共の場(?)のどまんなかに
三脚でカメラを据えるマニアックな行動
ちょっとパスかも知れませんなぁ(爆)
事実GT会長の写真の邪魔になってるし~(T_T)

by ちんたん♪ (2010-06-18 10:19) 

kuwa

マニアな行動も列車の旅だから許せる?(笑)
いいですねぇ~北海道の無人駅をゆっくりとお邪魔してみたいです。

もう少し、先の話でしょうけど・・・^^;

by kuwa (2010-06-18 11:23) 

ベアトラック

親の通院、介護etc・・・年を重ねる毎に、色々とありますよねぇ・・・
それはさておき、車窓から見る朝焼けは素晴らしいですね!
普段は見ることが出来ない、特別な光景ですね。
by ベアトラック (2010-06-18 15:25) 

1275GT

ちんたん♪さん

その通りですねぇ・・・何となく後ろめたい気がして。
自分の場合は津軽海峡の下あたりで、現実から逃れられたみたいです(笑)
我が家も、頼りになる長男、最近ちょっとは使えるようになった次男坊、
ショートステイ先の看護士さん、それぞれに十分お願いしていきました。
それでも、最短の飛行場はいつも頭の片隅に・・・

このヒトがいつまでも居座っていたおかげで、
いつもの定点撮影ができませんでした・・・早起きしたのに。
たぶん、寝てませんよ・・・こいつ(笑)
by 1275GT (2010-06-18 19:35) 

1275GT

kuwaさん

北海道は、思わず降りたくなるような“素敵”な駅ばかりです。
でも、日に数本なんていうローカル線もあるので、
クルマじゃないとたどり着けない、なんていう変な駅も・・・(笑)

時間に関係なく旅をするのが、やっぱり夢ですねぇ。
by 1275GT (2010-06-18 19:44) 

1275GT

ベアトラックさん

夫婦で5日も家を開けるのは、年に1回のことなのですが、
出かけるまでがとても大変です。
年々、状況が微妙になって、薄氷を踏む思いの時もあります。
そんなにしてまで・・・とも思いますが、
止めてしまったら、もう2度と行けなくなっちゃいそうで・・・

こんなきれいな朝やけを見たのは、6年間で初めてです。

by 1275GT (2010-06-18 19:54) 

道楽オヤジ

限られた時間なのに、諸事情も多くあり、楽しみたいのに楽しめる気分じゃない事が多いです。

長男さんのお言葉・・心強いですね。

さて、うちの反抗的な長男坊も、いつか温かい言葉をくれるのでしょうか。
この「道楽オヤジ」に(爆)

by 道楽オヤジ (2010-06-19 11:22) 

いっぷく

周到な計画をしての旅ですから非日常の世界をしっかり楽しんで
味わなければね。
朝日がまさに心に活力をくれているような美しい風景ですね。
by いっぷく (2010-06-19 14:37) 

1275GT

道楽オヤジさん

諸事情によりいつも晴れやかな気分で・・・というわけにはいきません。
さりとて自分たちの身にも、黄昏は確実に近づいています。
人生は楽しんだもんが勝ち!・・・なんなら勝ち逃げでも(爆)

自分は、皆さんよりほんの少し歳が行っているもので、
息子たちはもう充分に大人です。
いろんなことを通り過ぎてきた今、
いつまでたっても子供みたいなオヤジの、良い相談相手にもなってくれます(笑)
しかし、こんなオヤジの背中をみて「変だ!」と思わなかったのかねぇ(爆)


by 1275GT (2010-06-19 16:06) 

1275GT

いっぷくさん

帰ってくる頃の写真は、お互いずいぶん表情が明るいです。
やはり楽しい時間はストレスを無くし、気持ちを豊かにするんでしょうね。

今回は晴天に恵まれたおかげで、自然がとてもきれいでした。
写真の写りが良かったのもうれしかったですね。
by 1275GT (2010-06-19 16:12) 

ねこざかな

クルマでなく、徒歩や通勤列車でもなく・・・寝台列車は、
いろいろと悩み深い日常と一線を画す旅にうってつけなのでしょうね。

能天気な私も、40を過ぎると段々、悩みも生じてきました。
そのうち必ず、北の大地でリフレッシュしたいものです。

・・・でも、今は家族が増える一方なんで。いつになるやら(苦笑)
by ねこざかな (2010-06-20 04:11) 

1275GT

ねこざかなさん

やはり現実のしがらみから逃れるには、
出来るだけ遠くに行ってしまうのも手です(笑)
さすがにここまで来てしまうとどうすることもできない、
という開き直りもありますね。

生きている以上、誰にでも悩みは次々にあります。
いかにして忘れるかも大事なことなんでしょうね。
強くならないと人生は楽しめないと・・・悟りました(笑)
by 1275GT (2010-06-20 20:07) 

つんじ

いいですね。

うちの嫁も一度は乗ってみたいと言ってます。
そのうち節目の記念にでもと考えてます。

ちなみに切符はやっぱり取りにくいのですか?
by つんじ (2010-06-21 18:48) 

1275GT

つんじさん

ウチは結婚25周年の年に初めて行きました。
それからカシオペアと北海道に魅せられて、6年連続です(笑)

最も確実な方法として、JTBに宿と一緒に頼んでいます。
ただし1番ベーシックなツイン(それでもトイレ・洗面所付き)しか、
JTBの事前枠では押さえられませんが、それでも十分です。
でも、いつかは最後尾の展望スイートに乗ってみたいものです(笑)
by 1275GT (2010-06-21 19:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。