So-net無料ブログ作成

ジョンの気持ちは? [guitar]

s-DSC06059.jpg
先月、最後のジョン・レノン・ミュージアムに行った時にも感じたんですが、
“解散後”のジョンの生き方は、アーチストとしてよりも一人の人間として見た方が、
俄然面白いんじゃないかってね。

s-DSC06062.jpg
John Lennon Museum Program
ときには迷い、自らの名声に苦しまされ、漢としての見栄も張り、
誰かに救いを求めたり、くよくよしながら生きてたり・・・
熱烈なジョン・レノンのファンから、そんなしょうもないヒトじゃぁない!って怒られそうですが(笑)
まるで自分の存在そのもののロックンロールと、やさしく切ないバラードが作品の中に混在するような、
ニューヨークのジョン。

s-DSC06053.jpg
John Lennon Museum Program
ニューヨーク時代のジョンが愛用していた、茶色いレスポール。
実物を間近で見たときから、何となく頭の中に引っ掛かっていたのでいたんですね。
元がレスポールJrだというのは知っていましたが・・・

s-21ebe3c0.jpg
タバコサンバーストのレスポールJrは元はP-90が一発の仕様ですが、
フロントに古いチャーリー・クリスチャンPUを追加しセレクターSWも付けています。

レスポールJr.jpg
ちゃんとギブソンからはドンズバのジョンモデルが出ています。
ボディも茶色く塗られ、ブリッジやテールピースも変えられています。
が、こりゃぁスウジュウマンエンはする高価なギターです。
ここは、あっさりと元になっている、タバコサンバーストのレスポールJrを探すことにしました(笑)

s-DSC06056.jpg
ギター仲間のストックから’90年代の(山野楽器時代の)を譲ってもらいました。適価で(笑)
手にした感じはまず軽いし、粒のそろった重低音もなかなかの迫力で、ちょっと若返った気分(爆)

s-DSC06012.jpg
さて、突然の5弦バンジョーですが、ジョンの楽器歴は実はバンジョーから始まっています。
若くして亡くなった母、ジュリアから教えてもらったのがいくつかのバンジョーのコードでした。

そう言えばウチのどこかにバンジョーが・・・
このバンジョーは昔、練習用に購入したPirles製ですが、驚くほど大きな音がします。
リゾネーターに詰め物でもしない限り、夜間の演奏はやめておいた方がよさそうですね(笑)

s-DSC05725.jpg
これは前にも書きましたがジョンの最初のギター、
“ギャロトーン”のコピーを作るつもりで昔買ったパーラーギターです。

s-DSC06018.jpg
もはやビートルズ時代の象徴とも言える、リッケンバッカー325です。
そろそろフラットワウンドの弦も交換しないと駄目ですねぇ。
自分の優柔不断な性格ゆえ、長引くギターコレクションの整理でも、
多分最後まで残るであろう長年憧れ続けたリッケンですからね。

s-DSC06024.jpg
JHON LENNON by WILLAM RUHLMANN
ともかく、このギターがこれほど様になるのはこのひとしかいないでしょうね。

s-DSC06029.jpg
これもジョンのお気に入りだったJ-160Eですが、これはエピフォン製の廉価版です。

s-DSC06035.jpg
s-DSC06038.jpg
“本家”にはないこんな小細工がしてあり、ジョンのファンを喜ばせようと・・・(笑)
音を追及する人向きではありませんが、なんか嬉しくなるギターですね。

s-DSC06041.jpg
JHON LENNON by WILLAM RUHLMANN
ジョンが抱えるJ-160Eはリングが1本の’62年モデルですね。
この後、このギターは盗難にあってしまい、2本目のJ-160E(’64年製)を購入します。
日本公演のときにもステージ裏にスタンバイされていましたが、使われませんでしたね。

s-DSC06042.jpg
JHON LENNON by WILLAM RUHLMANN
ジョンとジョージ、二人がJ-160Eを使っている珍しい写真ですね。
どちらかのギターに不具合でもあったのでしょうか?
曲は何だったか興味ありますねぇ。

s-DSC06045.jpg
もうひとつのジョンのギターと言えばエピフォン・カジノでしょうか。
これはお茶の水で衝動買いをした日本製ですが、とても弾きやすくてお気に入りのギターです。
それより、結構いい値のギターを衝動買い出来たあのころの自分がうらやましい・・・(笑)

s-DSC06078.jpg
ビートルズ東京
東京公演の時のカジノを弾くジョンです。

s-DSC06048.jpg
ライブ活動をやめてスタジオにいる時間が増えたころ、
ジョンもジョージとお揃いのソニックブルーのストラトを持っていました。
二人のはもちろんカスタムショップ製の逸品ですが、
自分のこれは、フェンダージャパンです。
久しぶりにケースから出してみたら、いい感じに色が変化してきました!(笑)

s-DSC06050.jpg
Beatles Gear

ジョンはあまりお気に召さなかったみたいですが、
ジョージはレコーディングにも使っています。
「ひとりぼっちのあいつ」では間奏にストラトの音がしますね。

生きていれば、今年70歳。
突然断たれた人生ゆえ、偉大なミュージシャンとして語り継がれてますが、
もし彼がビートルズの一員じゃなくても、ミュージシャンじゃなくても、
彼の生き方はとても魅力的に見えます。
強い意志の中に時折垣間見える人間の弱さが、たまらなく好きです。

出来ることなら、70歳のジョンに今の気持ちを聞いてみたいものです。
「生きてきたのがあの時代で、本当に良かったですか?」ってね。
nice!(6)  コメント(16)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 16

T-Bone

1275GTさんはじめまして。ブログときどき訪問させてもらってます。
ビートルズ、MINIは趣味がパーフェクトマッチです。
ジョンの記事見てとうとう投稿してしまいました。
おんなじようなギター持ってます。
by T-Bone (2010-10-31 19:27) 

1275GT

natsfactoryさん

nice!有難うございます。

by 1275GT (2010-10-31 22:35) 

1275GT

T-Bone さん

こちらこそはじめまして、よろしくお願いします。
この稚拙なブログの、アクセス数のトップは依然ギターネタです。
ただ、あまりにも増えすぎたギターは、只今減量中です(笑)
もっとも、減らしながら買っているんだからバカですよねぇ。
自分でもコントロールできないほどの多趣味ですが、
よろしければ、これからもお付き合いください。

by 1275GT (2010-10-31 22:54) 

1275GT

ねこざかなさん

nice!有難うございます。

ダメですねぇ、また買っちゃいました(笑)
ギターがどんどん減っていくと、なんかさびしくて・・・
by 1275GT (2010-11-01 08:30) 

komakura

どのギターにも、ジョン・レノンへの愛が溢れています(笑)

私は、同級生達のようにビートルズに感化されませんでしたが、彼ら以外に使っている人が少ない(笑)リッケンやグレッチとも縁がありません。。
ソニック・ブルーのジャパフェンは持ってますよ~♪お気に入りです。
レスポールjrは黒です。軽くて音も良いですね。
by komakura (2010-11-03 03:07) 

1275GT

komakuraさん

今、手元に残っているのは80%くらいがビートルズゆかりのギターです。
相変わらずVOXのアンプでリッケンですね(笑)
人生も3/4ほど経過した今、ギターはもちろん、
バイク、ミニカー、古カメラ・・・そしてクルマ・・・
少しずつ減らして行かなくては次第に重荷になってきます。
と、言いながらもまた買っちゃいました(爆)
by 1275GT (2010-11-03 21:04) 

ちんたん♪

またまたいい記事ですねぇ~~!
ジョンと時代はこれ以外に無いというほど
マッチしていたと思いますし、時代がジョンを
作ったのだと思います。
それはやはり、僕たちの知らないあの戦争や
アメリカとイギリスの音楽的な関係とイギリスと云う国の
持つ独特の制度や生活習慣。
ミニもそうして生まれてきた車ですものね。
リッケンのピックアップとP-90ってジョンサウンドの
全てと言ってもいいのかなと思います。
日曜日もLIVEがあるようで、楽しみですね♪

by ちんたん♪ (2010-11-03 21:50) 

1275GT

ちんたん♪さん

有難うございます。
ジョンの生い立ちや育った環境が、早くから自己を確立したんでしょうね。
書かれた歌詞の中にも、時折自分自身のことが描かれていますよね。
ワタシもあの“時”がジョンを作ったのだと思っています。

今回、レスポールJrを手にしてみて、P-90はロックの音だと、
改めて思いました。
写真のセレクターSWが下がっているのが見えますか(笑)

次は無類のクルマ好きだった、ジョージのことでも書きましょうかねぇ。

by 1275GT (2010-11-04 08:38) 

ベアトラック

チャーリー・クリスチャンセンPU付きのレスポールJr.って、何だかとっても魅力的ですね。音も良さそうですね。
フェンダー派の私ですが、これは興味津々です。
購入は全く別問題として・・・笑
by ベアトラック (2010-11-05 05:18) 

1275GT

ベアトラックさん

いつもありがとうございます。
ミニのイベントで出かけていました。

レスポールにしては軽くて扱いやすいですね。
ドンズバの復刻版が欲しいのですが、
リッケンバッカー2本分ほどのお値段で・・・
でもさすがP-90、1発でもロックの音ですよ(笑)
by 1275GT (2010-11-09 08:32) 

いっぷく

なんでジョンはニューヨークに行ってしまったんだろう。
ニューヨークの良さが今一つわからない僕にはそう思ってしまいます。
ギターに造詣が深いゆえにわかるビートルズのギター音というのがあるんでしょうね「ひとりぼっちのあいつ」の間奏を後で聞いてみようと思ってます。
by いっぷく (2010-11-09 19:56) 

1275GT

いっぷくさん

自分の過去を捨てて、新しくなりたかったのかなぁ。
ニューヨークじゃなくても、大勢のヒトの中に埋もれて、
自由に行動できることに意味があったのかも。
でも、何回もの退去命令を裁判で争い、
それでもニューヨークにこだわったのは、運命だったのかもしれませんね。
もうすぐジョンの命日が来ます。

自分は、何回弾いても最後のハーモニクスの音が出ません(笑)

by 1275GT (2010-11-10 21:38) 

ベアトラック

サンタフェで時々訪れる銀板モノクロ写真専門のギャラリーで、ジョン・レノン祭りをやっていました。
運良く、ドンズバのチャーリー・クリスチャンセンPU付きレスポールを弾いている彼の写真を見ることが出来ましたよ。
でも、写真は額なしでも1万ドル越えでした~(苦笑)
by ベアトラック (2010-11-12 06:57) 

1275GT

ベアトラックさん

1万ドル越えですかぁ!
まだまだビートルズモノは強力ですね。

ジョージのオールローズテレなんて、譲られて、譲られて、
今頃はどこにあるんでしょうかねぇ?
もし発掘されたらとんでもない値がつくんでしょうね。
by 1275GT (2010-11-12 12:54) 

1275GT

kakasisannpo さん

nice!有難うございます。
by 1275GT (2010-11-12 20:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。