So-net無料ブログ作成

ビートルズを追いかけて・・・ [ザ・ビートルズ]

s-DSC_0182.jpg
ポール・マッカートニー東京公演の後に、
ここといえば、すでに薄々気付かれるヒトもいるでしょう(笑)

s-DSC02527.jpg
s-IMG_0088.jpg
都内有数の観光スポットとあって、
旗を掲げたオネーサンの後を諸外国の人達が賑やかに通り過ぎます。

s-DSC_0202.jpg
違うんだよねぇ、こっちが二重橋・・・って言っても、
嬉しそうに写真を撮り合う人達を見ていると、まぁそれでもいいのかと(笑)

s-DSC01237.jpg
それにしてもわずか5、6分の散歩しか許されなかった、
’66年のポールはいったい何を見たのでしょうか?

s-DSC_0194.jpg
47年の歳月は、向かい側の木々を大きく育てたけれど、
ここは何も変わらずにそのままの景色でした。
戯れに、ポケットに手を突っ込んで歩く姿を奥さんに撮って貰ったのですが、
どう見ても、寒がりな老人の寂しい散歩にしか見えません・・・(笑)

s-DSC02571.jpg
当時、ヒルトン東京の最上階スィートにカンヅメにされた4人は、
なんとかして外に出てみたかったに違いありません。

s-DSC02559.jpg
高層階から見える景色は、初めて訪れた国、日本にさぞかし興味を掻き立てられたことでしょう。

が、あろうことかメンバー以外のスタッフやマネージャー達は主催者側の計らいで、
夜の東京に繰り出し、大いに楽しんだみたいですね(笑)
なかでも、特に四谷方面の“特殊な湯屋”はいたく気に入ったようです。
そしてこのことは、ホテルで留守番を強いられたメンバーの心に火を着けちゃいました(爆)

s-DSC02549.jpg
翌日、密かに脱走を試みたポールはエレベーターで張っていた私服警官に見つかり、
お守役の共同企画の若い社員の機転で、ちょっと外の空気を吸うだけだからと、
用意しておいた黒のプリンスで脱兎のごとく走り出したのです。
以前に黒っぽいトヨペットと書きましたが、
正しくは黒いプリンス、多分グロリアDXかスーパーDXと思われます。
運転する若い社員の隣には、なんだか分からずに飛び乗った私服警官、
リヤシートにはポールと、どうしてももう一度“四谷の湯屋”に行きたいステージ・マネージャー・・・
上の写真でネタバレしていますがこのスキモノはマル・エバンスですね(笑)

s-300px-Capitol_Tokyu_Hotel.jpg
取り壊される前のキャピトル東急(旧ヒルトン東京)ですが、
ビートルズが宿泊した部屋にあった調度品等も保存してあったそうです。
出来ればそっくり再現して、熱狂的なファンに提供すれば大儲けできそうですが(笑)

s-DSC02536.jpg
s-DSC_0230.jpg
跡地には新しく高層ビルが建って、ホテルはザ・キャピトルホテル東急となりました。
近代的な設備を誇る最新のホテルには、もう彼らの痕跡は微塵も無いのかと思っていたら、

s-DSC02569.jpg
s-DSC02567.jpg
当時、ビートルズが記者会見を行った紅真珠の間の特徴的なこの壁は・・・

s-Capitoltokyu-shinju.jpg
新しいホテルの、一階の宴会場のロビーに移築されています。
出来れば実物を間近で見て検証したかったのですが・・・
うーん、潜入するのはハードルが高そうですね(笑)
そういうことで、写真は借り物です。

s-DSC02582.jpg
でー、ポールは結局「俺も連れていけ!」と言ったという例の湯屋には行けずじまいで、
さらに、後を追いかけてきたマスコミにあわてて車に押し込まれて、
かなり不機嫌なままホテルに戻ったと・・・(笑)

DSC01016.jpg
その頃、ジョンは専属カメラマンのロバート・ウイティカーにまんまとなりすまし、
この表参道のオリエンタル・バザーをはじめ数店の骨董屋を回り、
買い物を楽しんで、ホテルに戻ったところでした。
大規模な警備体制のためにかき集められた警察官に、
外国人の関係者とビートルズのメンバーの顔を見分けられるはずもなかったんでしょうね。
‘90年代に再び日本を訪れたポールは、懐かしい皇居前広場を尋ねたそうです。

s-DSC02337.jpg
s-DSC02336.jpg
後に、オノ・ヨーコと結婚したジョンは毎年のように日本を訪れています。
夏の間を過ごした軽井沢には“行きつけ”の店も多数ありますよね。
ここ、銀座の「カフェ・パウリスタ」はふたりが度々訪れた店です。
店内にあった写真を撮らせて貰いました。

s-DSC02539.jpg
ジョンが気に入っていたという、パウリスタオールドも試してみました。
格別なコーヒー通ではないのですが何となく気に入って、
出かけた帰りはここに寄ってひとやすみしてから帰ります。

s-DSC02540.jpg
街はもうクリスマス一色です・・・
我が家は全然クリスチャンではありませんが、今年もケーキは頼みました(笑)


nice!(9)  コメント(11)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 11

conta

1966年の思い出もいろいろ楽しみ方がありますね。 武道館公演が人生初のデートだったのを思い出しました。ワイフとは違いますが(笑)
by conta (2013-12-13 07:17) 

ベアトラック

日本武道館では、ライポンFを背景にして演奏していたんですね♪
by ベアトラック (2013-12-13 16:14) 

1275GT

contaさん

あの公演が初デートとは・・・
青春ですねぇ(笑)

当時の社会情勢ではビートルズの音楽は、
かなり偏った見方をされていました。
つまり、青少年に悪影響を与えるとか・・・
今だったら噴飯モノですが、あの頃はいかにして学校を休むか、
毎日真剣に考えていました(笑)
by 1275GT (2013-12-13 22:20) 

1275GT

anakinさん

いつもnice!有難うございます。
by 1275GT (2013-12-13 22:23) 

1275GT

ベアトラックさん

コメント有難うございます。

ライオン油脂もスポンサーだったので、
製品を買って応募するとチケットが当たりました。
でも、確率的にはファンクラブ経由が一番高かったですね。

一般の読売新聞が扱う抽選では宝くじみたいなもんでしたよ。
ライオン歯磨きの方が当たったと知ったのは、
ずっと後になってからでした(泣)
by 1275GT (2013-12-13 22:37) 

ちんたん♪

おお、あの暗号のような会話はこの事だったのですね(笑)
現地取材お疲れさまです!
武道館にはいかなかったんですね・・・近いけど。

ライポンってありましたね~(そこか!)

LINEは終わったかと思いきや、今日から来日日記なる
トークが上がってます。

どうぞよいお年を・・・。
by ちんたん♪ (2013-12-17 01:24) 

1275GT

komakuraさん

いつもnice!有難うございます。

暖かい日にでも“虫干し”をしようと思いながら、
とうとう年末になっちゃいました(笑)
by 1275GT (2013-12-17 20:15) 

1275GT

ちんたん♪さん

先週はお疲れさまでした。

武道館は行きませんでしたが、東京駅まで歩きました。
正面からの全景を撮るべく広角を持って行きましたよ(笑)

暖かくなったら、軽井沢方面の探索も始めようと・・・
まぁ、事情が許せばですが。

年明けからは暫く120%くらいの働きをしないとダメみたい!(嗚呼)
by 1275GT (2013-12-17 20:37) 

1275GT

さらまわしさん

naice!を頂き有難うございます。
by 1275GT (2013-12-21 09:51) 

1275GT

ねこざかなさん

nice!有難うございます。
相変わらず、着々と増えています(笑)
by 1275GT (2013-12-23 20:37) 

1275GT

gunpulunnerさん

nice!頂き有難うございます。
by 1275GT (2013-12-27 23:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。