So-net無料ブログ作成
検索選択

鉄チャンの在庫整理 [鉄道趣味]

s-DSC02658.jpg
去年の暮れから公私ともにまるで暗黒面に堕ちたような日々が続き、
神はこんな人のいい仏様のようなオッサンに、何故過酷な試練をお与えになるのでしょうか?(薄笑)
まぁ、長いこと生きていると良いことも悪いことも数多く“こなして”行かなければ・・・

と、言うわけで(どういうわけだ)全国100万人の“鉄同志”のために撮りためておいた、
在庫の整理で、この場をなんとか乗り切りたいと思います。
お手軽にアリモノで簡単に済まそうという魂胆が見え見えですが・・・(笑)

s-DSC02648.jpg
で、都内に残る路面電車風の私鉄のひとつ東急世田谷線に「三軒茶屋」から乗ります。
一部路面電車の都電荒川線にも以前乗ってみましたね。

s-DSC02649.jpg
ちょうどホームに入ってきたのは2両連接車の300系ですが、
現在、世田谷線で運用されているのはすべてこの形式に統一されています。
御覧のように左右2面のホームに到着して、乗降するドアを時間差で開けています。
この方がスムーズなんでしょうが、この車両が出発しないと後続は入れないわけですね。
始発駅だけは改札口があり、車内では客扱いはしません。
終点まで全区間同一料金だからこそ出来る方法ですね。

s-DSC02650.jpg
発車するとすぐの所に踏み切りがあります。
その先に複線に分かれるポイントが見えています。

s-DSC02652.jpg
まさしくここで上下の列車を分けているんですね。
路面電車とはいえ都電荒川線よりもさらに専用軌道なので、
車内からの眺めはもうフツーの電車のようですね(笑)

s-DSC02671.jpg
ワンマン運転なので、乗車口は運転席のそばのドア、
降りるときには中央寄りのドアと決まっています。
後ろ側のドアはホームにかからないので締め切りになっています。

s-DSC02673.jpg
乗車券はありませんが、現金、紙幣の釣銭、子供料金、パスモ等、
ドッと入ってくる客扱いだけでも運転手さんは結構な仕事ですね(笑)

s-DSC02655.jpg
ここは環七との平面交差ですが、電車側も前方の信号機に従います。
つまり信号が赤の時は電車の方が止まって待つわけです。

s-DSC02656.jpg
青になるとゆっくりと加速して環七を渡ります。
唯一路面電車を感じる場所ですね(笑)

s-DSC02653.jpg
すれ違う車両もカラフルで楽しいですが、新しい車両に統一するに当たり、
全駅のホームをかさ上げし車両との段差をなくしています。

s-20010120_Tokyu_type_150.jpg
Wikipediaより
以前の150系2両連結の時は路面電車特有の低いホームから乗降していたのがわかりますね。

s-800px-Tokyu-EC300-3.jpg
Wikipediaより
こんなレトロな玉電カラーもありますが、すべての300系はとてもカラフルで、
周りの景色を見なければ、ヨーロッパの市内電車のようです。

s-DSC02674.jpg
迫りくるような家々の軒先をかすめるように走り、
いくつもの生活道路の踏切の音が流れ去る風情は路面電車の醍醐味ですよね。

s-DSC02666.jpg
終点、下高井戸までの中間あたり「宮の坂」のホームの向こうに何やら旧い車両が・・・

s-DSC02663.jpg
ひっそりと保存されているこの車両はおよそ65年前木造車両として生まれ、
後に外板を鋼製化して「江ノ電」に譲渡され、昭和の時代を走り抜き、
やがて廃車され生まれ故郷のこの地に戻り余生を静かに送っています。

s-DSC02661.jpg
電車やクルマに限らず、旧いものには何か心が宿るようで、
じっと見ているだけで気持ち伝わります。
ワタシのそんな超能力のせいか、街を歩くとしょっちゅう呼ばれます(笑)

s-DSC02678.jpg
時間の都合で「三軒茶屋」に戻ってきた頃には、冬の陽は傾き始めていました。
折り返しの「下高井戸」行きを見送って駅を後にします。

“在庫”その2、「東京駅」です。
s-DSC_0211.jpg
もうすでに古い話題ですが、大戦中の空襲で失われた駅舎のドーム型の屋根を、
オリジナルの形に戻したと言うハナシなんですが・・・
最近行ってみたら、肝心のドームの前でなにやら工事が始まって、残念な風景でした(笑)

s-DSC_0217.jpg
右側に見えるあの屋根ですね・・・

s-DSC_0222.jpg
で、中から見る天井はこんな感じです。
まるで応急処置のようだった改修前の屋根の部分は
内部に当時の骨組みや内装の一部が焼け残っていたんですね。
それをもとにして、最新の耐震構造を取り入れた技術で再現されました。

s-IMG_0101.jpg
新しいのでさすがにきれいですが、歴史を刻んだ威厳はさすがにまだありません。

s-DSC02326.jpg
s-DSC02325.jpg
オマケです。
やっと巡り会えたメトロ銀座線の1000系ですね。
まだ全車両の1/3ほどですが、後2年ほどですべてこの新型に変わる予定です。
このレモンイエロー/ブラウンの塗装は、
最初に上野~浅草間を走った1000形を模したものです。
これ、実は塗装ではなくフルラッピング!なんです・・・
どれだけ耐久性があるのかも含めて興味がありますね。

s-DSC03652.jpg
ちなみに元のカラーはこれです。

書き始めては放置、の繰り返しでとうとうひと月が過ぎ・・・
少しづつでも前進しなくちゃねぇ・・・年寄りには時間が無いってか(笑)
nice!(5)  コメント(9)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 9

conta

世田谷ボロ市にいくとき、下高井戸から東急世田谷線を利用しました。都内を走るこの様な路面電車は永く残したいですね。
by conta (2014-02-09 14:30) 

親知らず

生きていると色々な事が起こります。
その日1日を無事にやり過ごす事だけを考えて暮らしていた日々もありました。
きつい時は楽しい事を思い出せなくなって余計にきつくなります。
でもつらい日もいつか終わりが来ます。
楽しい事を思い出しながら毎日を乗り切って下さい。
by 親知らず (2014-02-10 08:08) 

1275GT

contaさん

世田谷ボロ市は行ってみたいですね。
最近は骨董や昭和のモノも数多く並ぶそうですね。
眺めながら歩くのも面白いですが、
結局最後は散財してしまいます(笑)
都電荒川線も“味”があっていいですね。
by 1275GT (2014-02-10 22:52) 

1275GT

ねこざかなさん

いつもnice!を頂きありがとうございます。
最近、文才にかげりが見えるようで筆が進みません(失笑)
by 1275GT (2014-02-10 23:17) 

1275GT

ひろっぴさん

いつもnice!を有難うございます。

by 1275GT (2014-02-11 08:02) 

1275GT

親知らずさん

有難うございます。
こんなネガティブな正確ではないはずなんですが、
まぁ、過去に某SNSで愚痴を書き続けて、
とうとうコメゼロになった過去もありましたが・・・(笑)

歳をとると自分の出来ることの限界が良く見えてしまいます。
なんぼやる気スイッチを押してもうんともすんともいわないのです。
たてまえではゆる~くのんびりなんて言ってはいても、
かなり本気じゃないと世渡りも難しそうです。

これからも楽しいこと、楽しかったことは、
すべてここに書き続けようと思っています。
皆さんからいただく“元気玉”で成り立っているのですから(笑)
by 1275GT (2014-02-11 08:36) 

1275GT

いっぷくさん

いつもnice!有難うございます。
都内でもまだまだ面白そうなところがあります。
旧万世橋駅のホーム跡に出来たレストランなんか面白そう・・・
by 1275GT (2014-02-13 21:22) 

ちんたん♪

記事を楽しみにしてました!
相変わらず良い写真♪取材に時間かかってますね(笑)
1275GTさんのこの手の記事に感銘してしまうってのは
わたくしも少々鉄分が不足してるからなのでしょうか?(爆)


by ちんたん♪ (2014-02-15 22:41) 

1275GT

ちんたん♪さん

コメント有難うございます。
ネタバレしちゃうと、世田谷線は恒例のBEGINの年末ライブの時、
東京駅はポールと二重橋の時、それぞれ使いまわしです(笑)

さすがに2周続けての雪かきは腰が痛いですね。
やはり最低限クルマのチェーンと、
雪かき用のスコップはくらいは買っておかないと・・・(笑)

濃~い鉄分一杯のネタでも握りましょうか?(爆)
by 1275GT (2014-02-16 01:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。